サイバーエージェント社長が明かす「新規事業論」

大手IT企業、サイバーエージェント。創業社長の藤田晋氏は、同社を24歳(1998年)で立ち上げた。既存のメディアや広告代理店が市場の激変に戸惑う中、いちはやくIT分野での広告(クリック保証型バナー広告)を手掛け、事業を軌道に乗せた人物だ。 コミュニケーションアプリ「755」  その後は、「アメーバブログ」を中心とするメディア事業を大きく伸ばし、同社を売り上げ3000億円超の企業に成長させた。現在も次世代のマスメディアを作ろうと「AbemaTV」(インターネットテレビ)の運営に積極投資を続けているほか、AI(人工知能)や仮想通貨など先端技術を活用した事業を次々と立ち上げている。  本連載(10月7~9日)では、そんな藤田氏の「経営哲学」をひも解いていく。 ●考えているのは「リスクに対するリターンの大きさ」だけ  企業史の視点で捉えると、藤田氏はいち早く「技術の進化」の波に乗った人物と言っていい。例えるなら、世界で初めて自動車を大量生産したヘンリー・フォード氏に近いかもしれない。  18世紀の米国では「鉄道王」たちが栄華を誇っていた。だが技術革新により自動車が現れると、フォード氏はいち早く「将来はこれがスタンダードになる」と考え、自動車の量産化を開始。モータリゼーションの流れに乗り遅れた鉄道王たちを超える「自動車王」になった。同様に藤田氏は、既存のメディアが昭和の商習慣、枠組みにとらわれている間にいち早くネット広告のスタンダードをつくった人物、と言えるだろう。  ではなぜ、彼は時代の波に乗れたのか。藤田氏の「アプリ論」が、その答えと結びついていて興味深かった。まず、彼が話すアプリの説明を聞いてほしい。  「当社に『755』というコミュニティーサービスのアプリがあるんです。もともとは幻冬舎の見城徹さんや秋元康さん、僕などが入っているグループラインがあって、彼らの発言を読むと自分が独占しているのがもったいないくらい面白いと思ったのがきっかけ。そのうち『これ、世間に公開できたら面白いよね』『タイムラインに表示されない形でチャットができて、いろんなユーザーがやじうまみたいにコメントできたらいいよね』という話になり、アプリの開発につながりました」  仲間の堀江貴文氏(元ライブドア社長)はもともと「LINEのようなものが作れないか」と考えていたこともあり、藤田氏は『755』をつくった。ちなみにアプリ名の由来は、堀江氏の囚人番号である。  なぜ始めたのか。藤田氏はシンプルに「リスクに対するリターンが大きいから」だと言い切る。どういうことか。 ●「何をやるにしても僕は期待値を考えます」  藤田氏は新規事業を立ち上げるとき、まず「何となくやる分野を決める」と言う。「755」の例で言えば「コミュニケーションサービスをつくる」とは決めていた。  ではなぜ、この分野だったのか?  「より多くのユーザーがターゲットになるからです。インターネットビジネスは生活のさまざま場面に結び付くから幅広い分野で勝負できますが、成長性やビジネスが広げられない分野だと、そのうち必ず『行き止まり』にぶつかります」  例えば婚礼サービス。結婚する人口は減少傾向にあって、結婚も、せいぜい1人が1~2回程度。そこから広げるのは難しい。一方、コミュニティーサービスなら、誰もが参加でき、長く、そして何度でも使える。  もちろんこの分野にはLINE、Facebook、Twitterなど巨大な先行者がいる。だが筆者は「755」も十分に戦っていけると考えている。  筆者はお茶の「伊右衛門」、コーヒーの「BOSS」などのブランドをつくってきたサントリー食品インターナショナルの社長を取材したことがある。その多くは後発だが、現在はメジャーブランドと化している。成功要因について、社長は「消費者は現在の市場を席巻している商品に決して満足しているわけではない」と言った。同様にSNSもいまだ「完成品」ではなく、使い勝手の悪さなど不満を感じているユーザーも少なからずいるはずだ。すなわち、新たなサービスが食い込む余地は十分に存在するのだ。  そして、ここからが本題だった。  「コミュニティサービスは、つくっておくと何かをきっかけにブレイクすることがあるんです。例えばFacebookやTwitterも、日本にきて2年ぐらいは全く浸透していませんでしたよね。でも、ちょっとしたきっかけでブレイクすると、みんながどんどん使い始めてくれます。そのタイミングがくる確率は低いんですが、くれば大きな成功を得られます」  要するに、リスクは小さく、リターンが莫大なのだ。アプリの立ち上げや運営にかかる費用は人件費とサーバ代がほとんどで、サイバーエージェントにとっては大きな金額ではない。一方Facebookの価値は数十兆円とも言われている。  「僕は、こういったビジネスをいろいろ展開して、トータルでプラスになれば良いという感覚なんです。最初の計画通りに進む会社はなかなかありません。もともと僕はリアリストで、何をやるにしても期待値を考えるんです」  1回100円のギャンブルがあり、当たると200円返ってきて、外れると没収されるとしよう。当たる確率が50%なら、期待値は1.00。何回続けても増えも減りもしない。当たる確率が45%なら、期待値は0.9だからやるべきでなく、当たる確率が51%以上ならやる価値がある。藤田氏はこれと同様の考えで新規ビジネスに向き合う。  「期待値がリスクに対して大きく上回る事業は、やる価値があるわけです。そういった意味で、僕は常にリスクとリターンの割合がいいものを探しているんだと思います」 ●社会的意義よりも面白さ  そして、彼の経営者としての道も、リスクとリターンのシーソーをはっきりと意識して進んできている。起業のときも同じなのだ。  「そもそも起業当時の僕には、お金もなく、知名度もなく、自分がコケたところで、失うものはほとんどなかったんです。すなわち、マイナスが限定されている分、起業にはプラスしかなかった。もちろん『AbemaTV』も同じです。通信速度が速くなり、スマホが登場し、自身もスマホで動画を見るようになった今なら成功する確率が高い、と判断したからです」  すなわち、期待値が高い状況が訪れたから彼は賭けた、というわけだ。一方、興味深かったのは「AbemaTV」の意義を訊ねたときの藤田氏のコメントだ。テレビや雑誌などの既存メディアは、既に「シニア向け」になりつつある。一方「AbemaTV」の主な視聴層は若者。若者目線のメディアを手に取り戻す、という社会的意義もあるのではと訊くと、彼はこう答えた。  「僕はそんなに大上段に構えてビジネスを始めるタイプじゃないんです」  藤田氏は笑うと顔がクシャッとする。真っ向から反論しても印象が柔らかいのは、この顔のためかもしれない。  「取材でも、事業の社会的意義を聞かれることは少なくありません。もちろん、投資家や社員のなかにも、僕にそれを求める人がいます。でも僕は『世の中のために』が先行するタイプの経営者じゃありません。世の中にあるサービスの全てが社会的意義のために存在しているわけではないですよね。根っこにウソがあったら、人はついてきませんよ。それより僕は、自分も周囲も『これをやったら面白いんじゃない?』と盛り上がることをやりたいんです」  世の中の役に立つサービス・商品をつくればビジネスとしても大きく成長するはずだ。だけれども、藤田氏に言わせれば、順番は逆なのだ。  「『世の中のため』とか言っていると、それに縛られてしまい、大きなチャンスがあってもチャレンジできなくなってしまうこともあるでしょう。逆に、いいビジネスになることをやれば、社会的意義も後からついてくるのではないでしょうか……」  確かに、時代はそう動く。そう、彼が時代の先端に居続けるのは、彼が「リアリスト」で、常に最大のリターンが得られる「アツい場所」にいるからではなかったか――。

引用:サイバーエージェント社長が明かす「新規事業論」 (ITmedia ビジネスオンライン) – Yahoo!ニュース

Posted by kankou