いま佐賀県のネット戦略がすごい キーマンが語る“バズる”5つの理由

いま佐賀県のネット戦略がすごい キーマンが語る“バズる”5つの理由
いま、ネット上のPRにおいて卓抜している県がある。佐賀県だ。

手掛けた企画はトレンドワードに上がったり、メディアに取り上げられたりとたびたび話題になった。バズらせる秘策とは? 戦略の裏側にBuzzFeed Newsが迫った。【BuzzFeed Japan / 播磨谷拓巳】

【写真】まるで異世界! 逆さまに見る日本 佐賀県が得意としているのは、企業やコンテンツとのコラボレーションだ。一部だが、以下に列挙する。

・スクウェア・エニックス「サガ」シリーズとの「ロマンシング佐賀」
・任天堂WiiU用ゲーム「スプラトゥーン」との「Sagakeen(サガケーン)」
・「おそ松さん」との「さが松り」
・グラップラー刃牙とのコラボサイト
・「ユーリ!!! on ICE」 との「サーガ!!! on ICE」
・TVアニメ「ポケットモンスター」との「ニャース気球佐賀襲来」

自治体のPRとは思えない尖った企画は、どのようにして生まれるのか。取材をすると5つの要素が見えてきた。

今回、話を聞いたのは広報広聴課の3名。同課副課長の金子暖さん。サガプライズ!PRプランナーの楢崎政彦さん。同じくサガプライズ!プロデューサーの岩本麻衣子さん。

そもそもネット上で話題になる企画をはじめたきっかけとは。金子さんが話す。

「自治体のPRには、アンテナショップやゆるキャラ、プロモーションビデオなどさまざまな手法があります。まず県内事業者の方たちにいま抱えている課題を聞いたところ、『情報を出しているつもりだが、どうしても埋もれてしまう』という声が多数でした」

「ネットには大量のコンテンツ、情報が存在しています。その中で見つけてもらうには突き抜けた企画でないといけません。また、普段なかなかリーチしづらい若い人や女性に届けたいという意見もあり、約5年前からSNS、ネット上で話題になる企画に注力していこうとなりました」

百貨店やデパートで物産展を開けば、年配層にはリーチできる。しかし、若年層には届きづらい。その課題解決のためにコラボレーション企画は始まった。

「最初は話題にならないこともありましたが、3、4年目にしてバズるポイントが掴めてきました」と金子さん。

以下、キーマンたちが語るバズる5つのポイントだ。

Posted by kankou